未来は明るい

関本恒一 回顧特設ページ

I

INFORMATION

November 23, 2016

四中工に石碑が建立されました。

​皆さんの思いがつながり、四中工グランドに石碑として設置されました。

April 22, 2016

”関本恒一氏追悼フットサル”の模様をアルバムに掲載いたしました

◆日時:平成28年4月23日(土)13時~16時
◆場所:yuyu futsal park NASPA  http://naspa3.wix.com/naspa
    〒512-1212 三重県四日市市智積町3359  059-326-1010
◆参加者:四中工サッカー部OB31期生~35期生を中心に(家族含む)
◆内 容:フットサル

March 11, 2016

故・関本恒一回顧特設ページ「未来は明るい」を開設しました。

 

1 / 1

Please reload

平成28年1月23日21:29に37歳という若さで次の旅に出た関本恒一

このページは関本恒一を支えてくださった全ての皆様への感謝をお伝えすると共に、彼の生きた証や魂を多くの人が閲覧することによって、彼が果たせなかった使命がいつか成就することを願って、、

そして何より、「未来は明るい!」故人が最後に口にしていた言葉をテーマに、皆様の“未来の道しるべ”になるよう思いを込めて・・

produce by NISSYU PLAN

 


 

 
About
Blog
Gallery
Soul Word & Music
Reference Book
Free Talk
 

A

ABOUT

  • Facebook - Black Circle
関本恒一フェイスブック

人間 関本恒一とは??

 

  • 最期まで家族思いで時には優しく、時には厳しい。尊敬できる僕たちには勿体ない兄です。

    そして、兄にとっては父親の存在が全てで、人として、男として、親として越えたかったようです。

    好きな言葉は、『為せば成る!』と『人事を尽くして天命を待つ』

    私達兄弟はこれからもその存在を追い続けます。

ご家族(関本恵介さん、孝史さん、大志さん)

  • ホントの意味での強さ・優しさ・思いやり・愛を自然と教えてくれる彼です。

ご家族(日和祐美子さん)

  • オレの「永遠の英雄(ヒーロー)」です。

祢宜裕貴さん

  • 心底サッカーが好きで、本当に自分に厳く、最後まで強い男でした。

陶器一馬さん

  • 偉大な参謀。
    無二のサッカー友達。
    お調子者のカッコつけ。
    頼りがいのある弟分。
    互いの価値に気付けた存在。
    解き甲斐のある難題の出題者。

中田一三さん

  • 一三さんの魂のパートナー。学び伝える人。

中田江里子さん

  • 信念を根拠に建設的に物事が考えられ行動し結果を出す。
    また、周りの人に対して適正な気遣いができる人物。

    自分にとっては、一三の次の弟のような存在であった。

中田純一さん

  • 温かい気持ちで、いつも皆を見守っていてくれた笑顔の素敵だった関本さん。

中田美香さん

  • 私にとっては教え子にあたりますが、サッカーを愛する仲間であり、色んなことを学ばせてもらった指導者であり、また、人間として尊敬できる男でありました。

樋口士郎さん

  • いつも冷静でクレバーな部分に頼ってました。
    でも、心には熱いものを秘めていて、タイミングを見てうまく外に出すことできる人間だったと思います。

鈴村拓也さん

  • ただの…甘えん坊…だな!

片野典和さん

  • 優しい男でした。

    今もどこかで怒っていると思います。

    中西達也さん

  • 芯の強い負けず嫌いの優しい漢  です

    長島健太郎さん

  • 時に厳しく、時に優しく、なんでも受け入れてくれる先輩でした。
    兄のいない僕にとって、関さんが『兄』だと思っています。

荒木在敏さん

  • 情熱がベースの現代の表現者。 自分の気持ちや人の気持ちを表現することに長け、常に物事の本質から話を展開する。そして、その内側には煮えたぎるほどの情熱がベースにある。僕の人生観を変えてくれた人。。

薮中一真さん

 

 
 

GALLERY

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 

REFERENCE BOOK

 今この一瞬への希望が、明日と言う延長の軌跡を生む!

 ただ生きることは簡単で当たり前と思ってた。

 今はただ生きることがどれほど難しいか?でもその難しさに言い表せない無数の感動と成長、人生をたったの1秒でも伸ばすことで積み重ねされる個人が生きた証を残せることができる。地球にとったらほんの微粒子レベルの何の影響をもたらすことがない積み重ねも、俺の周囲のかけがえのない大切な自分以外の人たちにとってもそれはいずれ、どこかでやがて、無意識レベルで僕の生きた証を感じてもらえることになると思う。ここへ来て僕は僕が大好きになった。それは何度もどこでも同じことをいうが、それは全て家族を始め、僕が身内として信頼を寄せてきた皆様、そして、人生の終焉に向かうなかで主治医・中村孝人氏との出会いにより一気に加速している。先はやがて訪れる…それは孤独であり不安であり出来れば避けて通りたい。が、それすらも僕の最後の大きなイベントとして不恰好なりにとことん格好をつけたいと思う!2016,01,17,13:00現在…笑

 

FREE TALK

F

掲示板

Episode

本恒一との思い出、エピソードなど自由に投稿ください。

 

掲示板

Future

常に前向きに生きた”関本恒一”をリスペクトし、夢や目標、今頑張っていることや、前向きな意思表示を綴ってください

 

C

CONTACT

お問合せ、メッセージなどございましたら、こちらよりお送りください。

 

メッセージを受信しました